-

ホーム > 沿革

沿革

昭和32年11月 農耕機械機器の販売、修理を目的とする
株式会社興農社として
資本金50万円を以って発足。
昭和35年 4月 金属プレス加工とその付帯業務一切を開始。
大泉工業株式会社として改称。
資本金200万円に増資。
昭和36年10月 資本金300万円に増資。
昭和37年 5月 資本金450万円に増資。
昭和37年11月 資本金800万円に増資。
昭和38年 7月 資本金1,500万円に増資。
昭和47年 3月 大利根工業団地に地域業者20社と共に集団進出。
協同組合の組織下に活発な操業を展開。
資本金3,000万円に増資。
昭和54年 2月 NCT1号機を導入し、板金加工業務開始。
昭和57年 3月 オフコンを導入し、電算化による生産管理開始。
平成元年 8月 素材料置場を目的とし、120坪の工場増築。
平成 8年 3月 NCTの自動化を推進する為、150坪の工場増築。
平成12年 4月 創立40周年を迎える。
平成21年12月 工程統合・レーザ加工の推進のため複合加工機を導入
平成22年 4月 創立50周年を迎える。
平成22年12月 ISO9001:2008 認証取得
-
-

大泉工業株式会社

〒370-0523
群馬県邑楽郡大泉町吉田1221-7
fax.0276-63-1557

tel.0276-63-1121
-
JAB・ISO9001認定マーク